ネオキャリアグループ開発者ブログ

ネオキャリアグループの技術者による開発ブログ

インフラを主体にWeb業界の思い出を振り返ってみる

自己紹介

はじめまして、業界歴が20年近くなるアラフォーのポンタっす。

河野パパとは同い年です!

で、「ブログ書けよ(゜ロ゜)」って言われたんですが、最近開発とかやってないのでネタに困り思い出に浸ろうかと思います。

実際にはキレイなお姉様に「ブログ書きませんか?」って言われたので、二つ返事で「書きます(*´∀`*)b」って言ったんですがね、お姉様には逆らえません(*´ω`*)

 そんな訳で、特にインフラ屋さんではないんですがインフラを触る機会も多かったり今も触ったりするので、Web業界をインフラ主体に振り返ってみますよ! 

2000年頃 

今は亡き人生初の奉公先では、i-mode向けのサービス開発をよくやってました。

この頃のWebサービスのインフラといえば、データセンターにサーバーを設置して、1Mと10Mとかの専用線契約をしてとかが多かった気がしますが良く覚えてません。

はっきり覚えてる事と言えば、データセンターのコロケーションサービスでスペースを借りて、自前で組んだラックサーバをマウントしたりして、各種配線をどう美しくケーブリングできるかに時間掛けてたって事くらいですな。I love Panduit(○´3`)

f:id:ponta-kun:20160928172503j:plain

自前でサーバ組むのは、当時はベンダーのサーバとかはとても高価だったからなんですが、正直に言うと趣味というところが理由の大半です(*´∀`*)

LinuxRedhatが主流でしたが、なぜかTurboLinuxを使いext3の遅さに嫌気がさし、ReiserFSを使うといったことをやってました。

アプリケーションもPerlで開発してましたが、まだフレームワークとかも充実しておらずオレオレフレームワークがいくつか社内で跋扈するという感じで、カオスな環境だったなと(;・∀・)

 

この頃のWeb業界のインフラ屋さんは、物理層からミドルウェアの技術が特に求められていたんじゃないかな〜。

特にハードウェア性能が限られていて、スケーリングとかは物理的にサーバ追加するとかって話になるので、kernelのチューニングやミドルウェアのチューニングの試行錯誤をする日々だったのでそう思います。

2005年頃

そして前の会社を3年程で退職し、20店舗規模くらいの小売店を経営する会社に転職。

入社してみたらエンジニアは誰一人おらず、NWはあんまり詳しくなかったのにいきなり、

「全店舗に監視カメラ設置したいんだよね〜(=´∀`)」とか言われて、

「セコムでも入れろよ(;´Д`)」って言ったら、

「高いからイヤダ(=´∀`)」と言われ、

「エンジニアなんだから何とかできるでしょ(=´∀`)」

とかいう謎理論で、VPN網の構築から始めるという経験をさせて頂きました。

しかも各店舗の配線からカメラ取付、Web上での一覧表示まで組まされるはめになり当時は泣きそうになってた記憶があります(;・∀・)

 

f:id:ponta-kun:20160928173846j:plain

この頃は、ちょうどさくらのレンタルサーバとかがスタートしてレンタルサーバブームが始まり簡単にWebサーバを準備できるようになった頃です。

その上、PHP先生が流行って様々なク○コードが量産され、色々な人(自分も含む)の黒歴史的なものが生まれた時期じゃないかとも思います(*´∀`*)

ある程度の規模のサービスは、まだまだオンプレミスが主流だったかなぁと記憶しとりますな。

2010年頃

何故か、東京の大会社で働くことになりエンタープライズなことをやり始めた時期ですな(;´Д`A

L1〜L3までをメインに設計・構築するはめになりIOSを勉強し、ADやExchangeといったMS製品さんコンニチワといった感じで、SharePointとかお亡くなりになってほしいなと切実に願っていた頃です。

気が付けばUTMとかも流行り、IPSとかIDSとかついてけねぇよとか思ってました。
そんな感じで、この頃のWeb業界のインフラ屋さんのことはあまり知らんのです(´ω`)

 

f:id:ponta-kun:20160928173359j:plain

ただ、エンタープライズ領域でかなりの劇的な変化が起こり続けていたので、Web業界でも劇的な変化が起こってたんだろうな〜と思ってます。

なんせ、iPhone様の登場ですよ!WindowsMobileが一気にゴミになりました!今はAndroidに宗旨替えしましたが、Androidサイコー(*´∀`*)g

ユーザーの利用デバイスや利用シーン・スタイルの劇的な変化は、様々な影響を及ぼしましたな。

PCだけで良かったインベントリ管理がスマホでもデータを取り扱う様になって、MDMとかの導入とかもして大変でした。

そして、GoogleAppsの台頭やAWSの登場もあり、エンタープライズ領域におけるインフラ屋さんのあり方も本当に一気に変わったと感じる時期です。

ホント、ERPクラウド化が進み始めるし、Salseforceとかでビジネスアプリケーションも一気にクラウドに転換が始まって、正にてんやわんやでした(;・∀・)

最近

そして今年の初めまでは、某女性向けメディアでインフラからフロントエンドまで触ってました、おかげさまでAWS様にロックインの3年間って感じで、もうAWS様から離れられません。オンプレミスとかもう無理(*´∀`*)

今はネオキャリアで何故か新企画の提案やWebサービスの環境構築しながらも、まったりしたりって感じで過ごしてます。

 

しかし、最近は真のインフラ屋さんはほぼ見えないところにいて、彼らが構築した上で動くバーチャルなインフラがあらゆる分野で台頭してきたためか、ソフトウェアエンジニアとインフラエンジニアの区別が難しくなってきたように感じてます。

だからこそ、フルスタックとかいわれる言葉が流行っているんですかねぇ(´ω`)

今のクラウド環境の様にある意味無限とも言えるリソースを潤沢に使える状況は10年前を思うと、本当に夢の世界だなと昔を振り返ってみて感じる今日この頃です。

そして、インフラ主体とかいいながら、ただの自己紹介みたいだった。。。

最後に

結局、チラ裏状態になってしまった気がしますが。。。

我々は仲間を募集しています!!ということで、詳しく下記を(*´∀`*)

 

www.facebook.com

www.neo-career.co.jp